エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

CARDANO(カルダノ)とは

カルダノプラットフォーム

CARDANO(カルダノ)とは

CARDANO(カルダノ)とは暗号通貨を主軸にしたゲームプラットフォーム

日本の暗号通貨(仮想通貨)の利便性の認識の悪さを覆すほどの新しい試み 暗号通貨(仮想通貨)を主軸としたゲームプラットフォームです。

通常のオンラインカジノと違い、暗号通過の仕組みと同様のプログラムを用いることで不正を行うことができないという証明をすることのできるカジノです。
オラクルスマートコントラクトといったシステムを利用することで不正を行うことができず、安心で公平なゲームが提供できます。

たとえば、あるオンラインカジノでは100万円分遊べるポイントを購入するのに30万円だけでいい場合があります。そしてそのポイントを転売していくだけで利益を出すことのできるやり方も存在します。

つまり、オンラインカジノでは負けるようなプログラムになっている場合があり、その不正がどう行われているかなどエンドユーザーにはわからないのです。

世界にはリアルマネーを賭けるオンラインカジノもあります。
しかしそこが不正をしていないかどうかは分かりません。

カルダノ

次世代暗号通貨ゲームプラットフォーム CARDANO(カルダノ)ではそういったオンラインカジノ特有のプログラム上の不正が行われないという証明ができるのです。

たとえばカードゲーム等のシャッフルや配布において、同一のサーバーからのデータではなくランダムに振り分けられたサーバーからのデータがカジノで使われるため完全なランダム性が証明されます。 またこの次世代暗号通貨ゲームプラットフォーム CARDANO(カルダノ)では誰でもハウス(胴元)になることが可能になります。

実際に会社などでじゃんけん大会を行う場合などでは誰がハウス、つまり取り仕切り役になってもいいわけでして、交代しながらゲームを行うことが可能です。 それと同様に、次世代暗号通貨ゲームプラットフォームCARDANO(カルダノ)ではハウスになりたければなることができるのです。

カルダノ

次世代暗号通貨ゲームプラットフォーム 「CARDANO(カルダノ)

「オラクル」や「スマートコントラクト」といったシステムを利用することにより、公平で安全なゲームを提供できます。

ゲームの開発にはSDKが公開されるため、技術者は誰でもゲームを開発できます。

開発会社「IOHK」にはチャールズ・ホスキンソンらが参加。

また、「CARDANO」という名前は歴史上の数学者が由来です。

通貨の単位は「ADA(エイダ)」です。

カルダノ

CARDANO(カルダノ)の特徴

•日本の法令上「適法」であることが弁護士によって認められている

• 運営はオラクルを通して行われる為、完全に公平であることが担保される

• 暗号通貨のシステムを使用するため、残高の金額を必ず出金することが出来る

• マッチングシステムによって違法な資金の移動をあぶり出せる

• 世界初、誰もが簡単にゲームオーナーになれる
ゲームの作成はSDKを使用して、誰もが行うことが出来る 基軸通貨ADAを保有する人が誰でも資本を集め自分のルールを作成し、他のプレーヤーのゲームマスターを務める仕組みを提供

• ゲームで遊んでいるだけでキャピタルゲインが得られる
ユーザーはゲームをプレイしているだけでエイダコインの価格変動によるキャピタルゲインを得ることが出来ます。

カルダノ・設計思想

カルダノ・プラットフォーム

※SDKとは ソフトウエア開発キットの事です。 (Software Development Kit) 一般に、特定のソ7卜ウエアパッケー ジ、ソフトウエアフレームワーク、 ハードウエアプラットフォーム、コン ビュータシステム、ゲーム機、オペ レーテイングシステムなどのための アプリケーションを作成するために ソフトウエア技術者が使用する開発 ツールのセッ卜を意味します。

カルダノ
CARDANO
カルダノプラットフォーム
画像の説明
画像の説明
画像の説明
 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ