エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

ADAコインのご案内

ADAコインのご案内

暗号通貨の説明

チャールズ・ホスキンソン

画像の説明
画像の説明
暗号通貨
画像の説明

2010年5月に100円で買ったビットコインが
2011年2月には1,250円に、2011年8月には38,750円に、
2013年3月に25万円に、2013年11月には1億2000万円に!

画像の説明

2016年現在、ビットコインは2013年11月のピーク時からすると価格が落ちました。そして、2016年現在は62,500円くらい(1ビットコイン5万円前後)で定着して安定的に推移しています。

だからダメだという意見もありますが、冷静に考えてください。

2010年5月に100円で買ったビットコインが62,500円くらいで「安定的に」推移しているのです。

2010年に投資をした人全員が安定的に625倍というのは、とんでもないことだと思いませんか?

1,000円が62万5000円、1万円が625万円、10万円が6250万円、100万円が6億2500万円ですよ。

画像の説明

投資した人全員が安定的にこれだけの利益を出せる案件が他にあるなら教えてください。

ちなみに、2009年にビットコインが登場してすぐのタイミングで入手した人からすると、最高値の時で120万倍、現在でも約50万倍です。

最高値ではなく現在のレートで考えても、 1,000円が5億円、1万円が50億円、10万円が500億円、100万円が5,000億円です。

もはや 天文学的な 数字ですね。

仮想通貨のことは理解できてますか?

日本は「仮想通貨」に関してもっとも遅れている国の一つです。
だからこそ敬遠している人がほとんどです。

これは本当にもったいない!

軍の技術が民間に援用された「インターネット」なるものが登場した黎明期、「なんだかよくわからないし、こんなものが本当に普及するのか・・・」と大半の人が冷めた目で見ていた一方で、「これはヤバい!ヤバすぎる!時代が確実に大きく動く!」と熱くなった人がごくわずか存在しました。

その後のインターネットの威力や勢いはご存知のとおり。

黎明期に熱くなった人たちが凄まじい富を手にしたのは言うまでもありません。

そのインターネット黎明期に匹敵するほどの時代を動かす脅威を感じさせるものが「仮想通貨」です。

ビットコイン

「仮想通貨」は知れば知るほど「ヤバい!ヤバすぎる!時代が確実に大きく動く!」と思わずにはいられません。

グローバル時代の究極的な武器になります。

ちなみに、そもそも「仮想通貨」という日本で流通している言い方は間違いで、正しくは「暗号通貨」です。

完全に通貨として定着したビットコイン

画像の説明

アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国を中心にもはやスタンダードになりつつある暗号通貨。

2015年10月22日にはEUの最高裁判所に当たるEU司法裁判所が「ビットコインは商品ではなく、通貨として扱われるべきである」との判決を下し、その影響もあって、現在は凄まじい勢いで高騰を続けています。

また、2016年2月24日(水)には日本でも、今春に国会提出を予定している仮想通貨の新規制法案において、金融庁は資金決済法を改正し、ビットコインを「貨幣」と定義することを日経新聞が報じました。

法案が通過すれば、日本はEU連合に次いで世界で2番目の貨幣認定国となります。

このニュースからもわかるように、 ビットコインに代表される暗号通貨は日本でも完全に市民権を得ようとしています。

その少し前にも、2016年2月19日に『プレジデント』誌にビル・ゲイツが断言しました。

今ある銀行は必要なくなる」という記事が掲載され、大いに話題になりました。

下記に記事を少し引用いたします。

銀行をおびやかすのは、ほかでもない「フィンテック」だ。

その名のとおり、金融(ファイナンス)とIT(テクノロジー)を組み合わせたサービスの総称である。

最も早くフィンテックが立ち上がったのは、金融サービスのうち、決済関連のものだといわれている。

クレジット番号を知らせずとも決済が可能な「PayPal」はその代表格だ。

急速に普及したコミュニケーションアプリ「LINE」も、14年より「LINEPay」を開始した。

ネットショッピングの決済だけでなく、LINEの「友だち」に簡単に送金することもできる。

ほかにもアップルやグーグルといったIT業界の巨人たちが、それぞれ「アップル・ペイ」「アンドロイド・ペイ」を提供している。

これらは店頭の端末にスマホをかざすことで決済する。

「おサイフケータイ」に慣れ親しんだわれわれ日本人からすれば、特に目新しく映らないかもしれないが、決済に限らず、スマホをベースにしたサービスが多いのもフィンテックの特徴だ。

この記事が端的に表しているように、「フィンテック」が時代のキーワードです。

各種経済誌の表紙でも毎週のように「フィンテック」という言葉が踊っているのは周知の通りですね。

「決済」に続いて、フィンテックが仕組みそのものを変えていくのが「送金」です。

そして、「送金」の手法を根底から覆すツールがビットコインに代表される「暗号通貨」なのです。

画像の説明

新しくリリースされる暗号通貨の中から、【本物】をキャッチすることで、どれほど凄まじい投資効果があるのかということは、賢明なあなたはもう完全にお分かりですよね。

暗号通貨の代表格であるビットコインに黎明期の2010年に投資をした人は、一人も欠けることなく全員が、安定的に625倍の配当を得ています。

2009年に投資した人は最高値のタイミングだと、1,000円が12億円、1万円が120億円、10万円が1200億円、100万円が1兆2000億円の配当を得ているのです。

そして、ビットコインに次いで暗号通貨の時価総額ランキング第2位のイーサリアムは今なお爆騰を続けていて、 つい先日も35倍になったというニュースが世界を駆け巡ったところです。

そのイーサリアムを開発した暗号通貨の巨人チャールズ・ホスキンソン。

彼が天才数学者の人生の集大成として、開発しているカルダノの基軸通貨となるエイダコイン。

このエイダコインが新しく開発されている暗号通貨の中で、圧倒的にずば抜けていることはもはや言うまでもありません。

エイダコインに今のタイミングで両替しておくことによる投資効果の期待値の凄まじさたるや、想像を絶するものがあります。

私たちが生きている限り、二度とありえないレベルのチャンスであることは間違いありません。

しかも、投資といっても、日本円を米ドルに両替するように、日本円をユーロに両替するように、日本円をビットコインに両替するように、 日本円をエイダコインに「両替」しておくだけです。

これほどの案件を他人に教えてあげることによりその方が両替した金額の10%の報酬を得ることができるという、とんでもない権利です。

NTTドコモの代理店の権利を巨額の資金を投じて購入した方々が、現在数千万円から数億円の報酬を毎月得ていることは有名な話です。

毎年ではありませんよ、毎月ですからね。

本来、代理店の権利を入手するには巨額の投資が必要です。

それを、この記事をご覧いただいたうえで
エイダコインを取得してくださった方には
全員に代理店の権利を無料でプレゼントします。

稀代の天才数学者にして、これまでに作った暗号通貨で、
2打数2安打2場外ホームランの
実績を持つチャールズ・ホスキンソンが
数学者人生のすべてをかけて
開発しているカルダノ。

そのカルダノが
切り開いていく未来をともに共有し、
世界の秩序が根本的に変わるタイミングで、
巨万の富をともに築く仲間を
一人でも増やすことができれば、
日本社会への究極の貢献になる
という想いから、この究極のプレゼントを用意しました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ