エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

仮想通貨ADAコインとは

仮想通貨の説明

ビットコインに参入している企業

仮想通貨ADAコインとは

エイダコインとはどのようなものか

エイダコインとはBlockchainとP2Pという技術を使って開発された暗号通貨です。

仮想通貨とも呼ばれたりしますが、暗号通貨というのは通常の電子マネーと違い、誰から誰にいくら支払われたのかをきちんと把握するための技術がどこか大きな会社が管理しているのではなく、暗号通貨を利用している全員が管理しています。

たとえば5人グループが居たとしましょう。AさんからEさんまで居たとしてAさんはBさんに100円借りることになりました。
そこで全員でBさんからAさんに100円が渡るのを確認します。全員が誰から誰にいくら動いたか実際に確認しています。

これでAさんはBさんから100円借りたという全員の認証が行われたこととなり、Aさんの借りた事実は全員に残ります。
(返す、返さないの話ではないのでここではそこまで追求しません)
ここでは5人だけでしたが、暗号通貨の世界ではその暗号通貨を持っている全員で誰から誰にいくら渡ったのかを確認できます。

つまり、お金の動きを記載した帳簿を全員が共有している状態と考えられます。
そのため不正をしようとすると、世界中に何億人とある帳簿を次の取引による記載が行われる前に全て書き換える必要があるのです。

すこしややこしくなりましたが、簡単に言えば暗号通貨による取引には不正が生じることがないと証明できるのです。
そのための技術がBlockchainブロックチェーンとP2Pと呼ばれるものです。

エイダコインをはじめとする暗号通貨の扱い方

暗号通貨は電子マネーと同じように現物が存在しません。最近のオンラインゲームではアイテムを購入したガチャを回すためにそのゲーム上の電子マネーに交換する必要があります。

あるゲームでは電子マネーと同意義で魔法の石やギルなどという単位のゲーム上の通貨に両替を行い、ゲームで使えるようにします。
それと同じように暗号通貨も実際のお金を両替する必要があります。

しかし、一般の電子マネーやゲーム上の通貨と違うことは暗号通貨はそれだけで価値のある「通貨」として使うことができます。
通貨ですので円やドルに両替することも可能です。

ゲーム上の電子マネーは一旦両替するとゲームで使うしかできないものとなってしまい円やドルなどの通貨に交換することは出来ません。

ですのでCARDANOカルダノでエイダコインを購入しておくことは購入と言うよりかは両替であり、エイダコインを使ってゲームをすることが出来るのと同時にエイダコインでお買い物や旅行の代金の支払いができるようになるでしょう。

では暗号通貨はどうやって管理するのでしょう?

暗号通貨はパソコンやスマートフォンなどのアプリケーションで管理、使用します。ウォレットと呼ばれるアプリケーションが必要です
スマートフォンだと専用のアプリケーションをダウンロードし、アプリケーションで残高確認や送金、入金ができます。

最近ではネットバンクなどでもパソコンやスマートフォンで残高確認や振込みが行えますのでそれとほとんど変わりません。

イメージとしてはネットバンクとして使えると思ってもらえればいいでしょう。
内部の仕組みやもっと細かいところがネットバンクなどよりも優れた暗号技術で預金封鎖などの心配がないのがメリットでしょう。

カルダノ+ADA

今、エイダコインを買うメリットは?

では、エイダコインを購入するメリットはどこにあるのでしょうか?

まず、今までの暗号通貨は使えるところが限られていたりするために、購入したとしても使えないためあまり利便性がよくありませんでした。特に日本においては利便性を理解していない人が多いことと、国内で利用するには必要性が少なかったことなどが暗号通貨の広がりを阻害していた要因であると考えられます。

日本は世界と比べてお金に関して非常に恵まれた環境であると言えます。
しかし、世界中で暗号通貨の利便性が重要視され大企業が参入するほどの大きな市場となってきています。

エイダコインはその暗号通貨の業界を大きく引っ張っていく新たな通貨として今、非常に注目を浴びています。
周りが知らない今だからこそ、エイダコインを購入しておくことで世界の情勢が見えることも多いでしょう。

また、通貨であるということは値段に変動があります。
かの有名な元祖暗号通貨のビットコインなどは当初は0.1円の価格でしたが2015年9月現在では30000円弱まで上昇しています。

エイダコインは2015年9月販売開始時の価格は0.2セントからです。
プレセール期間中は最低購入額が1000ドルからですが今後の価格変動に大きな期待が寄せられています。

仮想通貨

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ