エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

仮想通貨のQ&A

仮想通貨のQ&A

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨とは何ですか?

A: 仮想通貨とは、インターネット上で使用できるバーチャルなお金のことです。仮想通貨を使うことで、安全に世界中に、非常に安い送金手数料でお金を、直接世界中の相手に、匿名で送金することができます。

仮想通貨はどのように作られますか?

A: 簡単に説明すると、複雑な計算問題を世界で最初に解いた人に、そのご褒美として仮想通貨が与えられます。

日本円やドルという一般的な紙幣や通貨は、その国の造幣局がお金を印刷して作っています。

しかしビットコインに代表される仮想通貨は、インターネット上でビットコインを送金した時に、その送金に不正がないかを他のコンピューター全員で監視をします。そして不正がないことが証明された時に、その送金が承認され、その記録をデータベースに書き込むことができます。

その時ご褒美として、25ビットコインが発行されます(当初は50ビットコインだったが、発行量が4年ごとに半減する仕組みになっています)。

承認するために必要な証明書は「キー」と呼ばれ、単純でありながら、法則性がない計算の答えを世界で一番最初に探し出すことで、キーは発行されます。法則性がないため、ただひたすらランダムに単純な計算を繰り返すしかなく、世界で最初に答えを探すには、コンピューターの計算速度が重要となります。

例えて言うならば、1億枚のくじの中から、1枚だけの当たりくじを探すようなもので、ただひたすらくじを引く以外に見つけ出す方法はないのと同じで、ただあてずっぽに数を当てはめて計算して答えを探すしか、キーを見つけ出すことはできません。

採掘現場

ビットコインが誕生した当初は、家庭のコンピューターでも採掘できましたが、現在では専門の業者がスーパーコンピューター並みの速度で計算しているので、膨大な電気代の元に、ビットコインが生まれています。

このキーを探し出す計算のことを、マイニング(採掘)と呼びます。金の鉱山をひたすら掘って、その中から金を掘り当てた人が金を手にれることができるのと同じことから、採掘と呼ばれるようになりました。

スイカのような電子マネーとはどう違うのですか?

A: スイカなどのような電子マネーは、先にお金があって、その金額分をカードにチャージします。仮想通貨はそれ自体がお金の価値を持つものです。

スイカカード

スイカのような電子マネーは、電子カードに1,000円や10,000円という現金を入金することで、チャージされた金額分の買い物ができるものです。これはまず先に現金がなければチャージできません。

また電子マネーを他人に送金することはできませんし、金額も毎日入金した金額が、株のように上下することもありません。

それに対し仮想通貨とは、アルゴリズム(計算方式)の答えを見つけ出すことができた時に発行される、デジタル上の通貨のことです。

仮想通貨自体が価値を持つと信頼する者同士で、お金と同じように取引に使われます。

インターネット上で他人に送金することもでき、また株のように毎日価格が変動します。

なぜ仮想通貨は、お金のような価値が生まれるのですか?

A: 仮想通貨を、通貨として信頼し認め合っている者同士の間で、お金と同じ価値を持つようになります。

お金とは、紙切れに印刷した紙幣や、銅やアルミで出来た硬貨を、人々が価値があると信用していることから、使われています。それは日本政府など国を信頼しているからです。国の経済が不安定な国の人は、自分の国の通貨をあまり信用していません。

ビットコインのような仮想通貨は、それがお金として信用ができるという人たちの中でのみ、価値が生まれています。しかしまだ仮想通貨を信用できない人からすれば、価値がないのです。

通貨とは、人々が通貨として信頼できるという信用の上に成立している、対価を交換する道具だからです。

ビットコインのような仮想通貨が生まれる仕組みは、送金の不正を行わないようにインターネット上のコンピューターで監視をし合い、正しい取引であることを承認するための、計算問題の答え「キー」を世界で一番最初に見つけた人に、その報酬としてビットコインが手に入ります。

この時スーパーコンピューター何台分もの費用と、膨大な電気代を使って、ひたすら高速の計算をし続けた報酬として、ビットコインにはそれなりの価値が与えられていると信じているのです。

こういった仮想通貨を使って取引をする人が増えれば増えるほど、その仮想通貨は信頼度を増し、価値がさらに高まってゆくのです。

仮想通貨を使うことでどんなメリットがありますか?

A: メールを送るのと同じ感覚で、世界中の人に、瞬時に、安全で、手数料もほとんどかからずに、送金できます。

インターネットの普及に伴い、世界中の個人と個人がメールでやり取りするように、インターネットを使って世界中の人が直接的にお金をやり取りできるように、仮想通貨が誕生しました。

仮想通貨を使うことで、銀行を通さずに、名前も匿名で、クレジットカード番号も知られず、安全に直接世界中の人に送金することができるようになります。

また円やドル、ユーロや元といった国ごとにバラバラの通貨で取引する煩わしさがなくなり、世界中の人が同じ通貨で取引ができるようになる可能性があります。

また今までように、その国の中央銀行やFRBのような特定の権力がお金の発行権を握り、支配してきた時代から、歴史上初めて一般の消費者が自分で使う通貨を選択し、また通貨自体が市場のニーズによってより便利で安全で使い易いものへと進化を遂げてゆくという現象が、今起きつつあります。

これから5年以内に仮想通貨の時代が訪れると言われています。

ビットコインに参加している企業

仮想通貨には他のどのようなものがありますか?

A: XRP(リップル)、ライトコイン、タレントコイン、ダークコインなど、現在インターネット上でランキングされている仮想通貨は、600以上あり、それ以外の通貨も含めると2,000以上もの仮想通貨が誕生していると言われています。

ビットコンが誕生してから、世界中で多くの人がビットコインの採掘に携わるようになりました。そのため競争相手が大勢増えたため、簡単にビットコインを手にすることができにくくなりました。そこでビットコインのような仮想通貨が次々と生まれてきました。

この中で最終的にどの仮想通貨が生き残り、世界のスタンダードになるのかは、市場がもっとも信頼し、もっとも流通され仮想通貨が選ばれます。

仮想通貨ランキングは >>> こちらをクリック

ビットコインとは何ですか?

A: ビットコインは、世界で最初に誕生した仮想通貨で、世界で一番多く使われています。

ビットコインは1998年にサイファーパンクのメーリングリストで、ウエイ・ダイが説明した「仮想通貨」のコンセプトを実現したものです。このコンセプトは、政府のような中央権力が通貨を発行するのではなく、その製造と取引に暗号学を使った新しい通貨の形状を使おうと提案したものです。

そして2009年、暗号メーリング・リストで、サトシ・ナカモトが、最初のビットコインの仕様とコンセプトの証明を発表しました。サトシは、自分の身元を明かすことなく2010年にプロジェクトを去りました(サトシ・ナカモトが誰かは不明)。

ビットコインは中央機関やクレジット会社などを要しない、ユーザー同士による初めての決済ネットワークです。

ビットコインなど仮想通貨を買う人は、投機目的ではないですか?

A: 今まではそうでしたが、数年でお金の代わりに多くの人が使う時代がくると言われています。ADAコインもオンラインゲームの仮想通貨になることを目的にしています。

ビットコインが誕生した2009年、1BTCは、1円以下の価値しかありませんでした。

しかしビットコインを求める人が次第に増えてゆき、徐々に価格が上がり出し、2013年12月には約12万円(1ドル100円計算)にもなりました。

最初からビットコインを持っていた人は、100円もしないビットコインが1200倍以上になったわけですから、ビットコイン長者が生まれました。このことがあって仮想通貨がブームになり、多くの仮想通貨が生まれて行きました。

そのような背景があるため、現在はまだ投機目的で仮想通貨を買う人が多いの事実です。

ビットコインの取引所のマウントゴックスが倒産しましたが、仮想通貨は大丈夫ですか?

A: 大丈夫です。銀行が倒産することはあっても、日本の通貨がダメになるわけではないのと同じです。

2014年2月、ビットコインを扱う最大の取引所であったマウントゴックスのセキュリティーに問題があり、10万ビットコインが盗まれるという事件が起きました。この事件によって仮想通貨の安全性に問題があるのではないかという疑問の声が上がりました。

しかしこれはビットコインに問題があったわけではなく、取引所のセキュリティーに問題があったのです。

銀行に強盗が入ってお金が盗まれたのと同じです。銀行の警備に問題があったわけで、お金事態に問題があったわけではありません。

仮想通貨は今後世界中で使われるようになるのでしょうか?

A: インターネットが世界中に広がり、国境がなくなりつつある今、仮想通貨がインターネットでの取引の主流になるという流れは、自然なものと言えます。

インターネットがこれだけ普及したことで、国境がなくなり、世界中の人々がメールやSNSで繋がれる時代になりました。

その中にあって個人と個人がより簡単に、しかもより安く安全にお金を送金できるシステムを考えたとき、仮想通貨が今までの通貨の主流に変わって行くのは、時代の流れとして自然なことではないでしょうか。

この5年くらいの間に、仮想通貨は急激に広がりを見せ、その中でどこかの通貨が世界的にスタンダードな仮想通貨として認められる時代がくるでしょう。

ADAコインはオンラインゲームの木タンダード仮想通貨となるように、統一したシステムを構築してゆきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ