エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

仮想通貨の特徴と魅力

仮想通貨の特徴と魅力

暗号通貨(仮想通貨)を持っておくことの五のメリットとは?

①中央機関に依存していない

ビットコインの世界は従来の法定通貨のように中央機関に依存していません。政府や中央銀行が仮想通貨を発行しているわけではないので、中央機関が供給量を任意に変動させて価値を自由自在にコントロールするようなことはできません。

コインの供給量は金と同じであらかじめ総量が決まっているといわれています。

ビットコインの世界では「残高」の管理はブロックチェーンを通して行われているので、中央機関には依存していなく、残高を保存したり移動するときには最初から誰も信用する必要はありません。

銀行に預けたらハッキングや倒産、また過去に日本で実際に起こった預金封鎖が行われる心配もなきにしもあらず。

信用できるのは目の前にある数字と自分だけになります。

ビットコインなどの仮想通貨は中央機関を信用できない人が、国などの強大な力と戦わずにして自分で資産を管理する手段だと言うことができます。

②国境のない通貨で国の概念がなくなる

国が違えば、使用している法定通貨も違います。そのため、別の国に行く場合にはその国の通貨に両替しなければいけません。為替レートは日々変動しますし、両替するときに手数料もかかるため、両替ばかりしていたら損をしてしまいます。

しかし、ビットコインには国境がないので、(取引相手がビットコインを受け付けてくれる限り)両替のことを考えずに利用することができます。つまり、あなたが住んでいる国は関係なくなるのです。

国内外のビジネス展開もしやすくなり経済も潤いそうですね。

③送金は国際送金より早くて手数料は格安

ビットコインは銀行システムとは違い、週末・祝日・時間に関係なくいつでも送金可能です。
また手数料も格安で、1ビットコインを送るにも10ビットコインを送るにも手数料は0.0001ビットコインくらい払えば、確認が遅れることは少ないです。

国土の広い外国では送金するのに手数料も時間も相当かかるそうです。

④チャージバックとは無縁

ビットコインでは銀行振り込み、クレジットカード、PayPal支払いのようにチャージバック(組み戻し)の恐れはありません。チャージバック詐欺を防ぐことができることからビジネスを円滑に進めることができるようになります。

リスクと時間の軽減になりそうですね。

⑤ハイパーインフレ時にも対応できる

自国の通貨がハイパーインフレに陥ったとしても、あらかじめ仮想通貨に変えておけば、資産を(短期的に)守ることができます。

いきなりとある週末に預金封鎖が行われたとしても、銀行で長蛇の列に並びながらお金が引き出せなくなる心配をする必要はありません。なぜなら、仮想通貨の世界ではあなたの銀行はあなた自身だからです。

ジンバブエで起きたパイパーインフレご存じでしょうか。
パンが2000億ドル・・!

自分の身近なところから当てはめてみると
仮想通貨ってメリットのことの方が多いかもしれませんね!

今、最も熱い次世代暗号通貨ADA(エイダ)コインとは?

仮想通貨に参加している企業

仮想通貨

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ