エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

ビットコインとは

ビットコインとは

ビットコインの目的

ビットコインの目的は、国家から独立した通貨を作ること、 つまり、世界中で日常生活に「使える」ようにすることなのです。

仮想通貨のため、紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるように作られているのです。

通常の通貨では、財政危機などで国家の信用が落ちれば、その価値も失われかねません。そのため、国家の枠組みを超えた世界共通の通貨(ビットコイン)をインターネット上に作り、経済活動を円滑に進めることが考えられたのです。

ビットコインのしくみ

ビットコインのソースは、Satoshi Nakamoto氏が2008年11月に発表した「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文になります。2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。

2010年2月には、ビットコイン両替ができる最初の取引所が海外に誕生しました。 また、2010年5月には、初めて現実社会でビットコインを使った決済が行われました。

ビットコインのメリット

個人間で「直接」送金が可能

一般的な通貨で送金を行う際には、通常銀行などを仲介する必要があります。 しかし、ビットコインの場合は、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、 個人間での直接支払いが可能なのです。もちろん、海外への送金も手軽に可能です。 手数料が無料もしくは格安

ビットコインの場合は、仲介する組織が存在しませんので、基本的には手数料を支払う必要がありません。加えて、他の決済手段と比べて手数料が格段に安いです。 これは、個人間の少額な支払においては、非常に重要なメリットとなります。

銀行送金でも。クレジットカード支払いでも、一定の手数料が発生します。 そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がることがあります。 ビットコインは、その最大の特徴とも言える直接送金の仕組みのおかげで、従来の手数料の概念を覆した決済を実現しているのです。

制限が存在しないビットコインでの決済は、国の管理を受けることはありません。 また、銀行を経由する決済でもないため、煩わしい手続きや口座凍結等の制限や経済危機の影響を受けることがありません。そのため、お金の流通がより自由に行えるようになるのです。

また、国によって通貨の単位が異なるといったこともないため、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるのです。 今でもすでにビットコインでの決済が可能なお店は、世界中に存在しているのです。

ビットコインのデメリット

国の保障がないため、盗難や詐欺に対するリスクは自己責任となります。 現状、使えるサービスやお店が少ないため、決済手段としては未発達と考えられます。 市場も小さく、様々な問題を抱えている事から、今後、政府による規制の対象となる可能性が高いと考えられます。

円やドルでの決済がそうであるように、ビットコインでの決済でも双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。 つまり、ビットコインという通貨が「通じる」間柄でなければ、決済はできないのです。

ビットコインの管理

国家や企業が管理していない通貨と記載しましたが、それでは一体誰がビットコインを発行し、流通を管理しているのかがポイントになります。 常識的に考えれば、誰も管理していない通貨など、リスクの塊でしかないと感じます。

誰かが勝手に通貨を大量に発行し、その通貨を大量保持すれば、通貨の信用は失われてしまいます。 そのような不安定な通貨は、流通しない上に、誰も価値を見出すことはありません。 ビットコインは、国や企業での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理しています。

ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、コンピューターネットワーク上に分散されて、保存されているのです。 ビットコインで行われたすべての取引記録が1つの大きな取引台帳に記載されているイメージを想像してください。

この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができているのです。 ちなみに、この記録に個人情報は含まれていません。 記録は、あくまでもビットコインの流通の整合性を保証するために存在しているのです。

1つの大きな取引台帳を特定の組織が管理していたら、これまでの通貨と同じになってしまいます。 ビットコインは、特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで、中央管理を不要としているのです。

また、取引の整合性を保証するための1つの大きな取引台帳のはずなのに、そのデータが分散保存されていたら、取引記録に不整合が発生します。 しかし、ビットコインはこの解決策を生み出したために、今日に至る広がりをみせているのです。

ビットコインの採掘

ビットコインは、一定期間ごとにすべての取引記録が取引台帳に追記されます。 その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められるのです。

その整合性を取る作業は、コンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。 分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借り、膨大な計算を行い、みんなで共有する1 つの大きな取引台帳に追記を行っています。 この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払 われるのです。

つまり、追記作業を手伝い、ビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。 この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

この新規発行に至る行為は、「採掘(マイニング)」と呼ばれています。 コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割り切って、日夜採掘に励んでいる人たちが世界中に存在するのです。 そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

ビットコインの新規発行は、この採掘を通じてしか行われません。 そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

ビットコインウォレット

ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。 これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものになります。 ビットコインを利用する全ての人は、ウォレットを持つ(作成する)必要があります。

そこにビットコインを保存し、決済に利用するのです。 ウォレットは、個人に割り振られるメールアドレスのようなもので、実際には、長い文字列でウォレットIDが表現されます。 但し、そのままでは覚えにくく、個人間送金が難しくなってしまいます。

そこで、一般的にはIDを短縮したコードを用い、スマートフォンで読み取れるQRコードに変換したりして、ウォレットIDを交換する仕組みになっています。

ビットコインの暗号テクノロジー

ビットコインでは、一方向性ハッシュ関数と公開鍵暗号方式の暗号による署名という暗号技術が使われています。 ビットコインで使われるSHA-256という一方向性ハッシュ関数は、長い入力ストリングを64バイト(256ビット)の塊に切り分け、それぞれに圧縮関 数を適用します。

そして、ハッシュ計算値を左から入力されたハッシュ値に加えていき、結果として入力ストリングの長さに無関係となる64バイトのハッシュ 値が得られます。入力ストリングに得られたハッシュ値を付けて送り、受信側で、再計算したハッシュ値と送られてきたハッシュ値が一致すれ ば、入力ストリングは改変されていないとみなすことができる、つまりデータが改竄されていないということがわかるのです。

一方で、2つのハッシュ値が一致 しない場合は、データが改竄されたということになるのです。 ビットコインが使っているもう1つの暗号テクノロジは、公開鍵暗号というものです。 公開鍵暗号には、2つの使い方があります。 1つ目は、公開鍵を使ってメッセージを暗号化すると、その公開鍵作成の元となる秘密鍵を使わないとメッセージを取り出すことができないというものです。

この性質を使って、メッセージの受取人の公開鍵で暗号化したメッセージを送ると、受取人以外は秘密鍵を持っていないので、メッセージを読むことができない ので通信内容の秘密が保たれるのです。

2つ目は、秘密鍵で暗号化し、公開鍵で復号化し、元のメッセージと復号化して作ったメッセージが一致すれば、メッセージが改変されていないことが分かるの に加えて、送られてきた暗号化メッセージを作ったのは、公開鍵のもとになった秘密鍵を持っている人であることが同時に確認できるというものです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ