エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

お金に関する疑問

お金に関する疑問

お金ってよく考えると不思議ですよね?疑問に思うことも多くないですか?

小さい子供のように、なんで?と素朴な疑問を持ってみましょう。きっと新たな発見があると思います。

そもそも、お金って一体何なのでしょうか? 原始時代にはお金などなかったはずです。当然、コミュニティも小さかったですし、本当に生きるのに必要なものしか存在しなかったというのもあるでしょう。

発展とともに、あるときからお金のようなものが存在し始めたと言われています。しかも、それは自然発生的にです。そもそもお金の存在意義は

・価値の交換
・価値の保存
・価値の尺度

以上の3つがあり、それらのために、存在しています。逆に言えば、上記の条件を満たせばお金を作ることも可能な訳です。あとは、みんなが、「それ」をお金と認めるかどうかの話です。

・価値の交換

お金を使って、何かしら価値のあるものに交換できるということですね。お金を払えば、電気、水道、ガス、食料、お酒、衣類、などの生活に必要なものから、それ以外のものまで現代では、「価値」のあるとされるものに「お金」によって交換が可能です。

・価値の保存

働いた対価や、大量に作った農作物、病気や怪我などで一時的に働けなくなったり、動けなくなったときのために、「価値」を「保存」できなければなりません。1日働いた分の給料として、一度に1週間分の食事を用意されても困るわけで、使いたい時に使える「お金」に換える必要があります。農家の人は、農作物をお金という価値のあるものに交換して、保存する必要が有ります。また、何かあったときのために、価値の交換できる「お金」を保存したいと思うはずです。

・価値の尺度

1時間働くとどれくらいの価値があるのか?という、労働やその対価を数値化する必要が出てきます。それがないと、1時間働くのも3時間働いた際の違いや、仕事内容などによる差が明確になりません。

お金の役割としては、上記が基本原則とされています。しかし、現在では、お金がよく分からないものになっているような気さえします。

国が違い、通貨が異なる場合、円とドルの為替
発展途上国の物価の低さ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ