エイダコイン・ADAコイン|カルダノ|チャールズ・ホスキンソン

FrontPage

チャールズ・ホスキンソン

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今、最も注目の仮想通貨!ADA(エイダ)コインが登場!!

今からご紹介する内容は、いわゆる「暗号通貨」のお話になります。ですが、ただ「暗号通貨」といってもすぐにピンと来ない方も多いかもしれません。

カルダノ

日本では一般的に「仮想通貨」という名称で呼ばれていますが、これは誤りで、正しくは「暗号通貨」です。

仮想」という言葉は「実際にはない事物を、仮にあるものと考えてみること」という意味合いになりますが、「暗号通貨」は仮そめでも嘘でもなく、事実列記とした「通貨」の一種であり、暗号化技術を介して送金や各種サービスを管理して相互監視システムによって不正を弾く、「政府や銀行など中央機関の介在しない通貨の総称」です。

分散型管理・P2P型

一般的に暗号通貨・仮想通貨と聞きますと、ビットコインイーサリアムリップルなどを思い浮かべる方が多いかと思われますが、実は現在、暗号通貨の中で非常にホットで注目を浴びている次世代暗号通貨があるのです。

その名は『ADA(エイダ)コイン』です。

ADA(エイダ)コインは『カルダノ(CARDANO)』というゲームプラットフォーム(オンラインゲーム、カジノ、アプリ)を主軸にした、これからのオンラインゲームオンラインカジノの「基準通貨」になります。

カルダノ

今、世の中に出回っているオンラインゲームやオンラインカジノは少なからず、ユーザーが負けるように不正プログラミングされているという事実をご存知でしょうか?

ですが、もし、それらのオンラインゲームやカジノが全く不正無しに全員がフェアにゲームができたとしたらいかがでしょうか?

そのフェアなゲームプラットフォームを提供するのがカルダノ(CARDANO)なのです。

チャールズ・ホスキンソン

チャールズ・ホスキンソン

ADA(エイダ)コインやカルダノ(CARDANO)は、あのビットコインに次いで時価総額第2位ETHEREUM(イーサリアム)や、第8(~10の間で推移)位のBitShares(ビットシェアーズ)といった暗号通貨の開発に関わり、また、数々のプロジェクトを成功させた『暗号通貨の第一人者』であり、天才数学者でもあるチャールズ・ホスキンソンの人生の集大成的なプロジェクトになっています。

マーケットキャップ
※クリックすると拡大表示されます。

●現在の時価総額の順位ここをクリックして確認いてください。
●リアルタイム版はこちらをクリックして下さい。

それでは何故、『ADAコイン』や『カルダノ』の開発にこれほどまでに注目が集まっているかというと、やはり暗号通貨の巨人『チャールズ・ホスキンソン』が手掛けるプロジェクトだからです。

そして、この事実こそが世界中の多くの投資家達が、『ADAコイン』や『カルダノ』に注目している最大の理由の一つにとなります。

カルダノ・エイダ

暗号通貨」はこれから「非課税」になります!

2015年10月22日にEU(欧州連合)では、暗号通貨の先駆けである「ビットコイン」を正式に「貨幣」として認定しました。

ビットコインは「消費税非課税」、欧州裁(ECJ)が判決下す

消費税非課税

さらに2016年2月24日に日本においても金融庁が資金決済法を改正し、ビットコインを「貨幣」と定義する法案を今春にも国会提出する見込みで進めています。

この流れのまま行けばビットコインの購入・売却に係る消費税が「非課税」となる可能性が高いです。

いま極めてホットな話題を呼んでいる「暗号通貨(仮想通貨)」について正しい理解を深めたい方や、その圧倒的に開かれた可能性の一端を垣間見たい方は、必ず詳細をご確認ください。
                

もし「怪しい」と思ったら…。「暗号通貨」を正しく理解できていますか?

日本では「暗号通貨」に対するイメージが悪いようです。

原因は3つあります。

1つ目は、少し前にあったマウントゴックス社の破綻の影響。

マウントゴックス社の破綻って両替所の一つの破綻に過ぎないのに、例えば「ビットコインそのものが危ない!」という極端な見方が日本では為されています。

仮にその見方でいくなら、暗号通貨を換金している無数の両替所やみんなも普段当たり前に利用している国内の大手財閥銀行まで危ないことになります。

「ビットコイン」を取り扱っているのは日本の一流企業や東証上場の大手銀行まで幅広く、気づいていないだけで「完全に貨幣扱い」です。

ビットコイン参入企業例

2つ目は、詐欺が多いこと。

暗号通貨は無数に種類があって、「おいしい話がある」としばしば声がかかってくるのですが、その「95%が詐欺」です。

つまり、世に出回る1200種類の暗号通貨のうち、1140種類はほぼほぼ詐欺ばかりだということ。

法案が整備されていないがゆえに好き放題やれるのも詐欺が激増する原因ですが、詐欺かそうじゃないかはすごく簡単に見抜くことが出来ます。

「詐欺か本物かの見分け方」しっかり知っておきたくないですか?

ちなみに、95%が詐欺ということは、「5%は本物」です。本物の持つ計り知れない力は凄まじいですよ。

その数少ない本物に先駆けて投資した方々は、「今一人の漏れもなく億万長者」です。

ビットコイン億満長者

3つ目は「よくわからないものは怪しい」と考える日本人の特性

日本人って自分がよくわからないものは「怪しい!」ってすぐに言いますよね。
インターネットビジネスしかり暗号通貨しかり。これら3つの理由を一言でまとめると、「ただの勉強不足」です。

しかし、「ただの勉強不足」で見過ごすには、あまりにも惜しいほどのパワーとエネルギーが秘められています。

暗号通貨は「お金の瞬間移動」をもたらす!

しかも今はインターネット黎明期に感じた驚異と同じレベルの驚異が、まだ一般に顕在化されていない「暗号通貨黎明期」のタイミング。

インターネットが「情報の瞬間移動」をもたらし人々の認識を押し上げ爆発的に普及したように、暗号通貨は「お金の瞬間移動」という利便性を生み人々の暮らしと生活に寄り添い欠かせないものとなります。

日本では銀行系のインフラが高いレベルで整っているのであまりその特異さを感じませんが、例えばアメリカ合衆国では同じ国なのに州をまたいでの送金になると「2000円〜3000円の手数料」を取られます。

銀行送金手数料

ヨーロッパやアジア諸国でも国境を超えたお金の送金となると「5000円〜7000円の手数料」は当たり前に支払う必要があります。

全世界の平均的な送金手数料は8.4%〜15%です

かたや「暗号通貨を介した送金」に切り替えると、一回に付き「5円〜15円程度」とまるでタダみたいな送金手数料で済むのです。

しかも海外送金のように3日から5日もかけてからようやく着金されるのではなく、暗号通貨であればネットで手続きを済ませれば「一瞬」で入金が完了するのです。

ビットコインの特徴

さらに言うと世界中の人たちの中で銀行口座を持っている人は「全体の3割程度」しかいません。そんな状態でいかにお金をやり取りするか頭を悩ませる人たちも多かったのです。

『うは〜!こりゃ便利だ』『神の与えたもうたツールか!?』
とばかりに鼻息も荒く人々が群がり世に広く普及するのは当然の成り行きです。

日本では「0円〜864円」のような恵まれた振込手数料で済むためにほとんど意識されなかっただけの話なのです。

もうグローバル時代がとっくに到来しているのに、それにピンときていない方が多いのも、「暗号通貨?何のこと?」と考える大きな一因でもあります。

クレジットカードとビットコインの違い

グローバルスタンダード(世界標準)目前の暗号通貨

アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国を中心にもはやグローバルスタンダードになりつつある暗号通貨。

EUの最高裁判所に当たるEU司法裁判所が「ビットコインは商品ではなく、通貨として扱われるべきである」との判決を下し、その影響もあって現在も凄まじい勢いで高騰を続けています。

このような状況であるにも関わらず、アジアのリーダーたる日本では暗号通貨に対する偏見に端を発して未だに普及しきらない暗澹たる有様です。

逆に言うと、だからこそ今が未曾有の大チャンスだということです。誰もが「大丈夫」と気づいた時にはもう遅いですよ。まずはきちんと勉強しましょう。

ビットコインで買えるモノ

現存する億万長者が太鼓判を押す「日本発信」の暗号通貨

しかも、今回は今までの日本人にわだかまる偏見を見事に払拭し、日本を皮切りにしてべこ暗号通貨の歴史を塗り替える、一大革命を起すべく、この業界内で最も有名な世界に名だたるあの暗号通貨の巨人「チャールズ・ホスキンソン」が、これからの一般公開を目前に控えた「暗号通貨の開発指揮」を担っています。

チャールズ・ホスキンソン

チャールズ・ホスキンソンといえば、あのBitShares(ビットシェアーズ)Ethereum(イーサリアム)を開発し世界中に定着させた天才数学者です。

第一弾のBitShares(ビットシェアーズ)の価値は公開開始から3倍まで跳ね上がり、第二弾となるEthereum(イーサリアム)においては一般開示からわずか7ヶ月にして、なんと60倍近く(今まで最大72・2倍)を推移しています。

イーサリアム

当時10万円分のEthereumコインを買った人は今600万円もの資産価値になってるのです。

これにより数百万円単位で儲けた人が続出し、中には10億〜30億円規模で資産を膨らませた人もいます。

もちろんいつでも日本円に換金可能

いわば「暗号通貨界の革命児」であり、IT業界におけるビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズのようなお方です。

野球で例えれば、これまで2回バッターボックスに立ち、2打席とも場外満塁ホームランを叩き出した異次元のとんでもない天才です。

《暗号通貨の時価総額ランキング 2016.03》

時価総額ランキング

ご覧のように「暗号通貨の時価総額ランキング」である
Crypto-Currency Market Capitalizations」でも、チャールズ・ホスキンソンが開発に携わったものは、世に1200種類あると言われる全暗号通貨のランキングで

BitSharesは第9位、Ethereumは第2位!

目を見張るばかりの堂々たる地位を築いています。

第一位のBitcoin(ビットコイン)は暗号通貨の第1号であり、今では不動の基軸通貨のような立ち位置ですから。

それを差し引いても、Ethereum(イーサリアム)は後発組で「実質No.1の座」を射止めているのです。

イーサリアム

これほど心強く信頼のおける開発適任者は他に絶対にあり得ません、「私の数学者生命を懸けて暗号通貨カルダノの開発に取り組む!」と明言しておられることから、カルダノは公開後1年足らずでEthereum(イーサリアム)の『暴騰60倍超え』を、はるかに凌駕することまで期待視されています。

「10万円分を購入したADAコインが、1年足らずで1000万円にまで膨らんだ!」という可能性も大いに有り得るのです。

イーサリアム

なぜ「チャールズの暗号通貨だけ」が爆発的に値上がるのか?

このチャールズ・ホスキンソンの開発したEthereum(ETH・イーサリウム)が凄まじい高騰を見せる「最大の秘密」をお伝えすると、まず暗号化技術のなかでも欠くことのできない「ブロックチェーン(分散型台帳技術)」という極めてセキュリティの高い仕組みがあります。

ブロックチェーン

現状これを実装できているのが

・仮想通貨の第一号である「ビットコイン
・チャールズの開発した「イーサリアム

たった2つだけなのです。

世に出回り1200種類以上ある仮想通貨の中で「わずかこの2種類だけ」しかブロックチェーンを実現できていないという。

チャールズ・ホスキンソンの設計思想は群を抜いて特別であり、それだけ暗号化技術の真髄というものは奥が深いのです。

「そりゃイーサリアムは公開からわずか7ヶ月で60倍以上まで跳ね上がるわ!」という感じで。

チャールズ・ホスキンソンはこれまでの数年で見えてきた【ビットコインの弱点を網羅】して全て補う形でイーサリアムを完成させました。

さらに、そこから浮上してきた改善案や革新的なアイディアの数々を、今度は「集大成とする形」で「次世代 暗号通貨2.0」の先駆けとなるADA(エイダ)コインの開発を進めています。

カルダノ

カルダノ

当然のこと、イーサリアムの枠組みを踏襲してさらにそれすら上回る設計を施してるので、通常のセキュリティ技術の「1,000倍〜10,000倍は強固」だと言われているブロックチェーンだって実装済みです。

つまりADAコインブロックチェーン技術を搭載した「市場で3つめとなり世界でも最先端の暗号通貨」として市場に流通することがすでに確定してるのです!

いかがでしょうか?

ADAコインも市場開放された途端に尋常でないハイペースで高騰していく未来が目に浮かぶようではありませんか。

カルダノ

ADAコイン

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【ビットコインとブロックチェーン技術によって成し得る、分散化する未来について】

暗号通貨の世界」でのスティーブ・ジョブズ、又はビル・ゲイツとまで言われて、業界のトップだけがスピーチ出来る講演会の『TED』で暗号通貨について講演しています。
尚、このTEDは、年会費$8,000(約100万円)を支払っている人だけが見に行くことのできるプレミアムな講演会です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

他に決して無いADAコインの特徴

ADAコインの特徴

運営はオラクルを通して行われる為、完全に公平であることが担保される。
暗号通貨のシステムを使用するために、残高の金額を必ず出金することが出来る。
ゲームの作成はSDKを使用して、誰もが行うことが出来る。

世界初、誰もが簡単にゲームオーナになれるゲーム

CARDANOは基軸通貨ADAを保有する人が誰でも資本を集め自分のルールを作成し、他のプレーヤーのゲームマスターを務める仕組みを提供します。

ゲームで遊んでいるだけでキャピタルゲインも得られる

ADAの価値はユーザーの数の増加や投資家、企業の参入などにより変動します。これにより、ユーザーはゲームをプレイしているだけでエイダコインの価格変動によるキャピタルゲインを得ることが出来ます。

ADAを保有しているだけで利息が受け取れる

ゲームに参加しないユーザーもADA保有しているとエイダコイン(利息)が貰える仕組みを搭載している。 一つ一つのサービスを提供する会社の手数料の余りを保有数の均等でユーザーに分配されます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

フィンテック(FinTech)

フィンテックという言葉、最近色々な場面で耳にするようになりましたが、暗号通貨のビットコインやカルダノもフィンテックの一部になります。

ですが、フィンテックと言いましても、まだまだ多くの方々には殆ど馴染みない言葉ですし、フィンテックって何?って思ってる方は決して少なくないと思われます。

フィンテック(FinTech)とは?

文字通り
Finance=金融 と Technology=技術
によるアメリカ発の造語になります。

つまり、従来の金融に新しいITテクノロジーが導入されて顧客に新サービスやシステムを提供する事を意味しています。

ここでよく混同しがちなのが、例えば、とある銀行や証券会社がオンラインバンクを開設した。
とか
●●銀行が最新アプリをリリースした。
これもフィンテックなのかな?と思われる方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

この場合はかなり以前からあるものですし、フィンテックとは呼びません。

フィンテックとは、
IT企業が、金融機関に対して、何かしらのITシステムを導入して、より顧客が安心して便利に金融サービスを受けられるようにするものです。

例外もありますが、多くの場合、
フィンテック(FinTech)を指すキーワードは、IT企業側から金融機関に働きかけをして、お互いの良い所を活かしてお客様に便利なサービスを提供する、というのが共通するテーマとなっている様です。

それでは、実際にどんなフィンテックがあるのでしょうか?

既に市場に導入されているものだけでもかなりのフィンテックがあります。
今わかっているだけでも、これだけのカテゴリと役割がありました。

主なフィンテックのジャンル

融資(Lending)

個人の資産管理(Personal Finance)

決済(Payments)

個人投資(Retail Investments)

会計

暗号(仮想)通貨

機関投資家による投資(Institutional Investments)

資金調達(Equity Finance)

送金(Remittances)

個人のための銀行(Consumer Banking)

金融の調査(Financial Research)

銀行インフラ(Banking Infrastructure)

世界と日本のフィンテックサービス

フィンテック
※クリックすると拡大表示されます。

こうして図にしてみると、既に日本国内でも色んなフィンテックが浸透しつつあると実感できるのではないでしょうか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブロックチェーン

暗号(仮想)通貨の仕組みや社会的なメリットは、多くの方々にとりましてはは、まだまだ理解しずらいテーマだと思われます。

にも拘らず、連日、大手企業がブロックチェーン技術を取り入れたり、マウントゴッコス社の様な事件が起きたりして、ますます混乱してしまいます。

そうした中、少しで多くの方にこの素晴らしいテクノロジーを伝えたいという気持ちで、詳しく情報提供してくれてる書籍などの媒体はあっても、一般の素人には専門用語が多すぎて今一つスッキリと理解できない・・・

おそらくこのHPをご覧になっているあなたもそう感じてるのではないでしょうか?

そこで、もっと分かりやすい言葉で、「なるほど」と明確に理解できるような情報を色々と調べてみますと、この業界と将来の可能性についてとても分かりやすく教えてくれる動画がありましたのでここでご紹介させて頂きます。
                ⇩

【LINE Pay、ビットコイン~インターネットが変える「決済」と「貨幣」の未来】

いかがでしたでしょうか?
おそらくより具体的にブロックチェーンとは?仮想通貨の仕組みとは?といった疑問がより明確になってきたのではないかと思います。

暗号通貨カルダノのプロトコルの中でも使用される「スマートコントラクト」についての解説動画が公開されてます。

今後、ADA(エイダコイン)の取引が行われていく過程で、スマートコントラクトというシステムが導入される事により、お互いの信用情報や、取引に関する情報が自動的に処理、監査されるため安心してADA(エイダコイン)の取引が出来るという内容です。

ビットコイン・貿易商


【銀行はもういらない?フィンテック革命の衝撃】
フィンテックとは「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

フィナロ